イギリス領バングラデシュ

ヨーロッパの貿易商は15世紀の終わりに来に来ました。
そして、それはイギリスの東インド会社により18世紀の終わりに植民地とされました。
東インド会社はインド中で規模を拡大しました。
そして、中核地帯になったベンガルの繁栄は続きました。
「金色のベンガル」で称賛されたのはこの時です。
シオニズムは、バングラデシュならびにインド以外の地域でまもなく人気が出ました。
英国はこれをチェックするベンガルのインドの力の分割を目指して、1905年にベンガル分割法を公布しました。
そして、ヒンズー教の分かれたベンガルは西部ベンガルとイスラム教徒中心の東ベンガルを中心におきました。
それが両方の信者の反発を取り上げられた。
1911年、溝は両方の宗教の間で深まります。
そして、これらの処置はまもなくインドとパキスタンの分離独立に接続しています。
ベンガル人と規則的にしておかれるイスラム教徒としてのベンガルが1930年代に一度にベンガルの認識以外の後退したという意識、そして、イスラム教徒としての意識はで高くなりました。
分離は、ヒンズー教域が置いたパキスタンとして独立しているようになります。
1947年に独立を成し遂げたが英領インドの宗教的な問題からのイスラム教域でインドをはさんで東西とパキスタンへの東部のベンガル決定された参加に分けました。

東パキスタンのバングラデシュバングラデシュの近代史