バングラデシュとは?

バングラデシュ人民共和国(バングラデシュのじんみんきょうわこく)通称バングラデシュは、南部アジアのイスラム教徒ベースの国の連邦加盟国です。
バングラデシュの首都は、ダッカです。
それはインドの東部の側にあって、インド洋に面していいます。
ベンガル湾内に流入している大河ガンジス川を持っています。
南東の小さな部分でミャンマーに隣接していること以外は、それはインドに隣接しています。
隣接した西ベンガル(インド)で、ベンガルの語の地帯に属しています。
バングラデシュは、ベンガル語の「ベンガル人の国」と呼ばれている意味です。
それは世界の第7位への人口の多い国です。
そして、都市国家を取り出すとき、人口密度は世界で最も高いです。
バングラデシュの国旗に関しては、赤はそこで昇る太陽を表します。
緑は豊かな大地をあらわしています。
旗竿により近い赤い円が、中央からあります。
日本の表記法は、バングラデシュ人民共和国です。
俗称、バングラデシュ。
ベンガル語では、デシュは「ベンガル」(人)バングラデシュで「国」を意味します。
そして、それをまとめます。
それは「ベンガル人の国」になります。
バングラデシュ、バングラディッシュ、バングラディシュ(しかし、少なくとも後二者はベンガル人の発音のために不自然である表記法です)で、それは記述されるかもしれません。

バングラデシュの近代史